保育士から工場に転職するメリット・デメリット

caa4Gak0POYzbmx1460180137_1460180249

保育士から工場に転職するメリット・デメリット

保育士から転職して工場勤務するメリット・デメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

保育と工場の仕事は、勤務体制も仕事内容も全然違うので、不安を覚える方も少なくありません。

 

工場作業員として働くメリット

工場勤務のメリットは、保育士と比べて社外の人と関わることが少ないこと。

ですから、初対面の人とコミュニケーションを取るのが苦手と感じている方にはおすすめの仕事で、特別な知識もそれほど要らないので、未経験者でも採用されやすい業界です。

保育士の時は持ち帰りの仕事に悩まされていた方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的に持ち帰りの仕事はありませんし、残業代もちゃんと支払ってくれる企業がほとんどなので、働いた分だけしっかりとお給料を貰う事ができます。

工場作業員になるデメリットは?

工場勤務に変わった場合のデメリットは、人とのコミュニケーションが極端に少なく、保育士のように個人的な評価が受けにくいことです。

大きな工場になるほど作業している社員も増えるので、頑張っていても気付かれにくく評価がされにくいのです。

仕事内容は、基本的に決められた仕事をこなす形になるので、自分の裁量で仕事を進めるのは難しいですね。

また、製造ラインの仕事は立ちっぱなしで長時間勤務したり、重い資材を運ばなければいけない場合もあるので、あなたが考えている以上に相当な体力が必要となります。

女性の場合は軽作業を任せてもらったり、残業を少なめにしてもらう事もできますが、それでも体力に全く自信が無い女性には少しハードルが高いかもしれませんが、元保育士であれば基本1日中動き回っているので、体力的にもの凄く不安な方は少ないでしょう。

 

このように、工場での仕事にも長所や短所がありますが、人とコミュニケーションを取るよりも任された作業を淡々とこなす方が向いていると感じる方にはおすすめの仕事だと言えるでしょう。

工場作業員の時給・月収

年収(正社員)  350万円~560万円程度

アルバイト    時給860円~1150円程度

派遣社員     時給1000円~1400円程度

給与の目安    月給23万円~35万円程度(一般的な正社員の場合)

勤務体制     24時間シフト制勤務が多い(例外も有)

工場の求人を効率良く探せる転職エージェント・転職サイト

DODA

専門的な業種や業界とのパイプがあり、非公開求人を含む4万件以上の求人を取り扱う国内No2に位置する転職 サイトで、実績と質の高いサポートが人気です。

マイナビウーマンウィル

キャリアアドバイザーが全員女性で転職の悩みを相談しやすい上に、マイナビと提携しているので求人数が豊富なのも個の転職支援サイトの魅力です。

@type女の転職

「育児と両立」「〇時までに退社したい」等のこだわり条件から仕事を検索することができ、転職に役 立つコンテンツが充実している女性のための転職サイト。

リクナビネクスト

転職するならこのサイトに登録必須!国内No1の知名度を誇るリクルートが運営する転職サイト。企業からの信頼も厚く、求人の質やスカウト機能にも特化した王道サイトです。

工場の仕事は残業代もしっかり付くし、安定したお給料が貰えます

サービス残業が当たり前と言われている保育士の仕事とは異なり、工場での勤務はほとんどの会社で残業代が付きます。

平均給料も保育士の16万円~23万円程に比べて、工場勤務では23万円~35万円程と金額的にも安定した収入を得ることができます。

年収ベースだと100万円から200万円以上違ってくるケースも多数あるんじゃないでしょうか!?

残業時間が多ければ給料が多くなり、残業が少なければ給料は少なくなるので、毎月一定の給料ではありませんが、保育士よりは確実に多く稼ぐことができます。

残業代がつくという事は、働いた分だけしっかり評価してもらえると受け取ることができ、保育士のように評価に伴った給料がもらえない仕事より働き甲斐があると言えるでしょう。

工場の仕事は、保育園に比べてアルバイトやパートで働く人も多く、初めての人でも働きやすい職場です。

また、紹介予定派遣という派遣社員として一定期間働いた上で勤務成績や勤務態度を評価してもらってから、正社員登録を行う制度もあり、作業内容や工場の雰囲気を知ってから働くことができ、本当に自分に求める会社なのか肌で感じて判断することができるのでとても安心です。

最後に、保育士から工場への転職は一長一短ではありますが、コミュニケーションの難しさに困っていたり、給料やサービス残業に不満を持っているなら選択の一つに入れても良い職業ではないでしょうか?

服装や髪形に関しても保育士のように動きやすい服装やエプロン、制服など細かく指定がないので、ある程度自由に選べるのも嬉しいですね。

工場への転職を希望しているなら是非参考にしてみてください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ