転職サイトと転職エージェントの比較。何が違うの?

YADLIPvruZxJjqO1461045914_1461046081転職サイトと転職エージェントを同じものだと勘違いしている人も少なくありませんが、この2つの転職サービスは全く違う求人システムです。

求人サイトに登録すれば、企業からのスカウトメールや転職アドバイスなどのコンテンツも用意されているため、混同してしまうのも無理はありません。

ですが、どちらも転職活動には欠かせないサービスですので、両者の違いをしっかり理解して利用したいものですね。

転職サイトと転職エージェントのサービス内容が、どのように違うのか?詳しく見比べてみましょう。

転職サイトと転職エージェントの違いを徹底比較!

転職サイト 転職エージェント
求人情報 求人の20% 求人の80%
サービス
内容
・いつでも求人情報をWebで閲覧できるシステム
・転職情報の提供
・担当アドバイザーがあなたに最適な仕事を紹介
・企業の情報を詳しく紹介
・面接日の調整
・給料交渉
・カウンセリングサポート
・スカウトメール
・選考結果の通知
アドバイザー なし あり
情報量 少ない 多い
企業への応募 複数同時に応募できる 応募できる企業数に制限有
利用時間 24時間閲覧可能 相談は営業時間内ですが、閲覧は24時間可能
マイページ あり あり
登録費用 無料 無料
入社成功率 自分対策を立ててで面接に臨むので成功率が低い アドバイザーによる面接対策やアドバイスを受けるので成功率が高い
代表的な求人サイト ・リクナビNEXT
・女の転職@type
・リブズキャリア
・リクルートエージェント
・DODA
・マイナビエージェント

このように、求人サイトと転職エージェントの仕事は全く違い、それぞれに特徴があることがお分かり頂けるかと思います。

転職サイトの利用が望ましいのはどんな人?

・気軽に転職活動を始めたい

・自分の都合を優先して転職活動を進めたい

・自ら企業を選び、何社も応募したい

転職サイトを利用するなら、わざわざ事務所に出向いて面接などを行わなくてもいいので、自分のペースで転職活動を進めることができ、気になる企業があれば何社でも応募できるなどのメリットもあります。

ただし、しっかり計画を立てて活動しなければ転職が先延ばしになったり、企業の内情などを詳しく調べることができないので、就職してからのギャップに悩まされるケースもあるので、よく考えてから利用するよう心がけましょう。

転職エージェントの利用が望ましいのはどんな人?

・自分のキャリアや性格に合った企業を紹介してほしい

・非公開求人の紹介をしてほしい

・応募企業についての専門的な知識がほしい

・面接対策やアドバイスがほしい

転職エージェントを利用した場合、担当のアドバイザーがあなたのキャリアに応じた転職先を選んで紹介してくれたり、求人サイトでは見れない非公開求人から絞ることができます。

さらに、企業の内情や面接対策までしっかりサポートしてくれるので、安心して転職活動を進めることができます。

ただ、転職エージェントに登録した際は事務所に出向いての面談がある場合もあるので、忙しくて足を運べない人や、遠方の方の利用は難しくなります。

電話で面談を行っている場合もあるので、各転職エージェントに直接確認してみましょう。

 

近年、転職サイトと転職エージェントを兼ねたサービスを行う企業も増えていますが、本格的なアドバイスや企業紹介を期待するなら、専門的な求人媒体に登録しておく方がメリットが多いといえます。

転職サイトと転職エージェント双方にメリット・デメリットはありますが「転職に不安がある」「情報が多すぎて選べない」など一人で悩みを抱えているなら、断然「転職エージェント」に登録することをおすすめします。

特に、働きながら転職を考えている方の場合、転職エージェントのサポートを受けながら活動することにより、効率的に転職活動を進めることができので利用しない手はないでしょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ